八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

八重山の海を満喫 福島の高校生ら

八重山の海の観察を楽しんだ福島の高校生ら=9日午後、白保海岸

八重山の海の観察を楽しんだ福島の高校生ら=9日午後、白保海岸

カヌー体験も

 東日本大震災・福島原発事故被災者・避難者支援ネットワーク石垣島「ちむぐくる」(浦内克雄会長)の招待で4日から石垣島を訪れている福島県立岩瀬農業高校の生徒5人は9日午後、白保海岸でシュノーケリングやカヌーを体験した。

 生徒たちは、カヌーで沖合のポイントに移動し、シュノーケリングでサンゴ礁や熱帯魚などを観察。八重山の海を満喫した。

 初めてシュノーケリングを体験した曲山廣君(生物工学科3年)は「天気は曇っていたが、海の中は水が透き通って、福島では見たことのない魚やきれいなサンゴがいっぱいで楽しかった。次は家族と一緒に来たい」と感想を述べた。

 高校生らは11日まで滞在する。

  • タグ: ちむぐくる
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    ページ移動

    キーワード検索フォーム