八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

ピーナツアレルギー ジーマーミ豆腐で

原料にピーナツ(落花生)が含まれるジーマーミ豆腐(資料写真)

原料にピーナツ(落花生)が含まれるジーマーミ豆腐(資料写真)

観光の幼児ら発症 「飲食店は注意書きを」

 県立八重山病院(依光たみ枝院長)は8日、7日までの1週間にピーナツアレルギー患者が3例発生したと発表した。いずれも観光で訪れた5-8歳児。石垣市内の飲食店でジーマーミ豆腐を食べて発症したが、同院で治療を受け、8日までに退院した。

 八重山保健所は、ピーナツなどアレルギー物質が含まれる食材を使うメニューについて、注意書きなどを行うよう飲食店に文書で呼びかけている。

 依光院長によると、幼児の両親は子どもにピーナツアレルギーがあることを知っていたが、方言の「ジーマーミ」が「落花生」であることを知らずに食べさせたという。

 このうち、5歳の女児=兵庫=は食べた直後に、のどのヒリヒリ感を訴え、すぐに吐き出したが、違和感が持続したため、いったん救急室に来院。持参の薬をのんでホテルに戻ったが、約4時間後に全身発赤と嘔吐(おうと)の症状が出たため入院、翌日に退院した。

 ピーナツアレルギーは重症化すると、のどの内側が腫れ、気道をふさいだり、ショック症状を起こしたりして最悪の場合、死亡するケースもあるという。

 依光院長は「週明けには盆休みで多くの観光客が訪れることも予想されるので、(注意書きなど)早急な対応をお願いしたい」と話した。

  • タグ: アレルギーピーナツジーマーミ豆腐
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム