八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

県、年内にも改修へ 船浦港前の急カーブ

レンタカーの事故が目立つ船浦港前の急カーブ=5日午後、県道白浜南風見線

レンタカーの事故が目立つ船浦港前の急カーブ=5日午後、県道白浜南風見線

道路改良工事のイメージ図

レンタカー事故で 16年度供用開始目指す

 県八重山土木事務所は年内にも西表島船浦港前の急カーブの改修工事に着手する。2015年度中に完成、16年度から供用開始される見込み。同島東部地区から西部地区へ向かうレンタカーなどが事故を起こす危険性の高い急カーブとして地元が懸案事項に掲げており、船浦公民館の庄山守館長は「改修工事で少しでも事故が減ってほしい」と期待している。

 同事務所では09年度から県道白浜南風見線(船浦工区)の改良工事に向けて調査を実施。地元説明会などを経て、12年度には実施設計を終えていた。工事では最もカーブの急な区間を改良する。総事業費は約3億6000万円。

 西表島は県道白浜南風見線(通称北岸道路、総延長約53㌔)で東部の豊原集落から西部の白浜集落までを結んでおり、上原航路の船が欠航すると大原航路で西表入りし、レンタカーで西部に向かう観光客も多い。

 信号機は大原港前と上原小学校前にしかない。このため、レンタカーや一般車両が船浦港前の急カーブに差しかかった際、カーブを曲がりきれずに事故を起こすケースがあることから、レンタカー会社では車の貸出時に注意を呼びかけている。

 同事務所道路整備班の普久原史朗主任技師は「船浦港前の急カーブは白浜南風見線の中でも見通しが悪い。今年下半期にも着工したい」と述べた。現在、用地交渉に着手し、保安林の解除手続きも並行して進めているという。庄山館長は「東部から来るレンタカーはスピードを出しているので、船浦港前の急カーブを曲がりきれずに自損事故を起こしている。早急に改善してほしい」と話した。

  • タグ: 船浦港レンタカー事故急カーブ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム