八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「夏の甲子園」見学へ 

県高野連の「甲子園体験研修生派遣事業」で、9日に開幕する夏の甲子園を見学することになった渡久山義樹君=5日午後、八重山農林高校

県高野連の「甲子園体験研修生派遣事業」で、9日に開幕する夏の甲子園を見学することになった渡久山義樹君=5日午後、八重山農林高校

県高野連、渡久山君(八農高野球部)を派遣

 県内でプレーする高校球児を甲子園に派遣し、高校野球のリーダーを育成しようという県高野連の甲子園体験研修生派遣事業が9日に開幕する全国高校野球選手権大会に合わせてスタートし、派遣される14人のなかに八重山農林高校野球部の渡久山義樹君(2年)が選ばれた。

 渡久山君はほかの13人とともに9日の開会式と開幕初日の試合を見学するほか、8日には施設見学に臨むことになっている。

 渡久山君は「チームを球児の憧れの甲子園に導くため、出場選手や運営に携わる人たちから、甲子園にふさわしいものを学びたいと」と応募。

 甲子園に行くのは初めてで、渡久山君は「あこがれの甲子園で、同じ球児が見せる行動の機敏さや技術を直に見て、センバツ甲子園に出場できるようにチームに伝えたい」と意気込む。

 同野球部の砂川玄隆監督は「グラウンド以外での行動などを学び、甲子園は遠い存在ではなく、自分たちにも行ける可能性があることを感じてほしい」と期待している。

  • タグ: 甲子園
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム