八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

耐震化補助金、申請ゼロ 対象住宅は3402棟

耐震性なしと判断される鉄筋コンクリートの民間住宅は3402棟あると推測されており、石垣市が耐震化補助事業を実施している=2009年7月(資料写真)

耐震性なしと判断される鉄筋コンクリートの民間住宅は3402棟あると推測されており、石垣市が耐震化補助事業を実施している=2009年7月(資料写真)

市が周知徹底へ

 1981年に建築基準法が改正される前に建築された鉄筋コンクリートの民間住宅は昨年10月から、所有者が行う耐震診断や改修設計・工事に対し、石垣市から補助金が出るようになっているが、まだ一件の利用もない。改修ではなく、取り壊して建て替えを選択するケースが多いためとみられるが、同課は「周知も不足している」としてホームページなどに補助内容を掲載し、利用を促している。

 81年6月に施行された現行の耐震基準を満たさない鉄筋コンクリート住宅が対象となっており、石垣市の耐震化改修促進計画によると、耐震性なしと判断される住宅は全体の25.5%に当たる3402棟あると推測されている。耐震性のある74.5%の住宅は9953棟で、計画では2015年度までに90%に引き上げていくとしている。

 計画に基づき、市は昨年10月から補助金交付制度をスタートさせた。

 補助額は耐震診断、改修設計それぞれで鉄筋コンクリート一戸建てに最大60万円、共同住宅に最大200万円。補助金は国8割、県1割、市1割の負担。市は14年度予算で2件の診断・設計事業を想定して12万円を確保しているが、まだ申請はない。さらに補助額が大きくなる改修事業については診断・設計事業の申請状況をみながら対応することにしている。

  • タグ: 耐震化耐震化補助金
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム