八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

飲酒運転の根絶を 夏の県民運動始まる

夏の交通安全県民運動の街頭パレードで市民に交通ルールの順守と交通事故防止を訴える参加者=9日午後、新栄公園付近

夏の交通安全県民運動の街頭パレードで市民に交通ルールの順守と交通事故防止を訴える参加者=9日午後、新栄公園付近

石垣市交通安全推進協  
街頭パレードで訴え

 2014年夏の交通安全県民運動が9日、県内一斉に始まった。石垣市交通安全推進協議会(会長・中山義隆市長)は同日午後、市民会館ピロティで出発式を行い、各団体から参加した関係者ら約100人が街頭パレードで市民に交通ルールの順守と事故防止を訴えた。

 同運動は「みんなで守ろう!交通ルールとみんなの未来」をスローガンに▽二輪車の交通事故防止とマナーアップの推進▽子どもと高齢者の交通事故防止と歩行者事故の防止▽飲酒運転の根絶を運動の重点に掲げ、18日まで展開される。

 出発式で中山市長は「本格的な夏場を迎え交通量も増加し、子どもたちの屋外活動も活発化する。思いやりのある運転で事故防止に努めてほしい。また観光入域客も好調で、地理に不慣れな観光客によるレンタカー事故も予想される。互いに注意してほしい」とあいさつ。

 八重山署の仲村智成署長も「交通事故の被害者を1人でも減らすよう、街頭取り締まりを強化していく。飲酒運転根絶対抗甲子園も展開しているので、協力をお願いしたい」と呼びかけた。

  • タグ: 交通安全
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム