八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

きょうから歩み展 市民会館

10日から3日間開かれる単独自治100年・八重山圏域3市町の歩みパネル展。150枚のパネルで分村後の歩みを紹介する=9日午後、市民会館展示ホール

10日から3日間開かれる単独自治100年・八重山圏域3市町の歩みパネル展。150枚のパネルで分村後の歩みを紹介する=9日午後、市民会館展示ホール

八重山村分村から100年

 八重山広域市町村圏事務組合は10日から12日まで市民会館展示ホールで「単独自治(八重山村分村)100年・八重山圏域3市町の歩みパネル展」を開く。今年は、1914(大正3)年4月1日に八重山村が分村し、3市町が単独自治体として歩みを始めて100年の節目の迎えた。

 パネル展では、3市町それぞれの100年の歩みを50枚のパネルで紹介する。

 また、映像で「弧の果ての島八重山群島」「八重山民政府官府員がみた1955年(昭和30年)の石垣島」「よみがえる戦前の沖縄」の3本を放映する。

 展示会は3日間とも午前10時から午後5時。

地図
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム