八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

八商工・八重高、本番さながら猛稽古

全国大会に向け、練習を重ねる八重山商工高校郷土芸能部の部員(6日午後、同校)

全国大会に向け、練習を重ねる八重山商工高校郷土芸能部の部員(6日午後、同校)

全国大会に向け、練習を重ねる八重山高校郷土芸能部の部員(5日午後、同校)

日本一へ笑顔と緊張感 いばらき総文2014、29日から

 29日から31日までの3日間、茨城県の神栖(かみす)市文化センターで開かれる第38回全国高等学校総合文化祭「いばらき総文2014」(同実行委員会主催)に出場する八重山商工高校郷土芸能部(砂川らな部長、部員21人)と八重山高校郷土芸能部(名嘉夏海部長、部員37人)が連日、猛練習に励んでいる。

 両部とも平日は放課後の約3時間、休日は休憩をはさんで約6時間を練習に充て、けいこには早くも本番さながらの熱気が漂っている。

 全国大会で八商工は「果報ぬ世ば給ぅられ」をテーマに種子取祭の芸能を披露、八重高は「今日が日ば 黄金日ば」の演目で黒島の保里集落に伝わる芸能を発表する。

 八商工の砂川部長は6月14日の壮行公演で手順にミスがあったといい、「本番では緊張感を持って取り組みたい。一人一人が雰囲気を楽しみながら全力を尽くし、国立劇場を目指したい」と抱負。

 12日に壮行公演を控えている八重高の名嘉部長は「2、3年生にとっては最後の全国大会で、これまでしてきたことの集大成になる。一人一人が心からの笑顔で演舞し、日本一を取れるように頑張りたい」と意気込んでいる。

  • タグ: 八重山高校八重山商工高校全国高等学校総合文化祭
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム