八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

台風8号、8日午前に最接近

25333.png

西寄りなら直撃のおそれ

 大型で非常に強い台風8号は8日に猛烈な勢力に発達して沖縄に接近する見込みとなっており、進路を西よりにとれば、宮古・八重山地方を直撃するおそれがある。台風が八重山に最接近するのは8日午前の見込み。

 航空各社は7日午後以降、県内空港を発着する便に影響が出る可能性があるとして事前に運航情報を確認するよう呼びかけている。

 気象庁によると、台風8号の中心は6日午後6時にはフィリピンの東海上にあり、時速25㌔で西北西に進んでいる。中心気圧は940ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45㍍、最大瞬間風速は65㍍。中心から半径190㌔以内は風速25㍍以上の暴風域、南東側650㌔以内と北西側440㌔以内は同15㌔以上の強風域。

 台風の中心は7日午後6時には石垣島の南東約400㌔の北緯21度55分、東経127度00分を中心とする半径140㌔の円内に達する見込み。中心気圧は920ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50㍍、最大瞬間風速は75㍍と予想されている。

 8日午後3時には、那覇市の西約120㌔㍍の北緯26度00分、東経126度30分を中心とする半径260㌔の円内に達する見込み。中心気圧は910ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は55㍍、最大瞬間は75㍍と予想されている。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム