八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

八島小がハーリー体験学習 児童ら懸命に競漕

ハーリー体験で見事なカイさばきをみせた八島小児童ら=4日午前、登野城漁港

ハーリー体験で見事なカイさばきをみせた八島小児童ら=4日午前、登野城漁港

 地域の伝統行事に関心を持ってもらおうと八島小学校(吉濱剛校長)は4日午前、登野城漁港で恒例のハーリー体験学習を行い、5、6年生82人が大人顔負けのカイさばきをみせた。今年で15回目。

 体験学習は東1組と2組のハーリー舟を使って行われ、児童らは漁業関係者からこぎ方の指導を受けた後、約100㍍を折り返すチーム対抗の団体ハーリーや1人乗り用のミニサバニ競漕に挑戦、保護者や住民がパーランクーを片手に応援した。

 1番エークを務めた6年生の宮里葵さんは「スタートで出遅れたが、折り返し点で追い越し、勝ててうれしい。腕がパンパンで疲れた」と笑顔で話した。

 東2組の比嘉康市ハーリー委員長(53)は「子どもたちが体験学習を通して地域の伝統行事に興味を持ってくれたらうれしい。将来は本バーリーのこぎ手になってほしい」と期待を込めた。

 同校の吉濱校長は「海に近い学校の特色を生かした体験学習に子どもたちも大喜びです」と話した。

 終了後、児童たちは魚汁などの魚料理に舌鼓を打った。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム