八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「安全な八重山つくる」 子供・女性を守る隊を組織

「八重山地区子供・女性を守る隊」の結成式で仲村智成署長から委嘱状を受けた加屋本洋子隊長(左)=6月30日午後、八重山警察署

「八重山地区子供・女性を守る隊」の結成式で仲村智成署長から委嘱状を受けた加屋本洋子隊長(左)=6月30日午後、八重山警察署

防犯協会女性部11人

 子どもと女性に対する性犯罪や暴力から被害者を守るため、地区防犯協会女性部11人で組織する「八重山地区子供・女性を守る隊」が6月30日午後、八重山署で結成された。加屋本洋子隊長は「子どもや女性を対象とする事件を許さず、安全なやいまをつくっていく」と決意を表明した。

 結成式で同署の仲村智成署長から委嘱を受けた加屋本隊長は「親や友人にも相談できないと一人で悩まず、私たちを利用してほしい。被害者と行政をつなぐ懸け橋になりたい」と抱負を語った。

 また、子どもや女性を狙った犯罪に対し「絶対に許せない。弱者を狙った犯罪者の情報は、できれば詳しく公表してほしいとさえ思っている」と話した。

 仲村署長は「子どもや女性をターゲットとした事案は年々増えている。警察だけでは対応しづらくデリケートな部分が多い。女性の力を借りることが大事だと考えている」と活動に期待し、同防犯協会の平良栄一会長も激励した。

 同署によると、性犯罪などの前兆事案は、2013年には声掛け3件、露出1件の計4件。14年は6月30日までに14件が把握されており、内容は声掛け2件、露出2件、不審な電話1件、盗撮1件、卑わいな言動(直接または電話による)8件となっている。

  • タグ: 防犯協会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    ページ移動

    キーワード検索フォーム