八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

各地で鎮魂の祈り 竹富町追悼式

竹富町戦没者追悼式で平和への祈りを込め焼香する参列者=23日午前、竹富島の町出身戦没者慰霊之塔

竹富町戦没者追悼式で平和への祈りを込め焼香する参列者=23日午前、竹富島の町出身戦没者慰霊之塔

遺族ら100人参列 平和の誓い新たに

 【竹富】第53回竹富町戦没者追悼式(町主催)が「慰霊の日」の23日午前、竹富島の町出身戦没者慰霊之塔で行われた。正午に町内全域の防災無線によるサイレンを合図に、各島々で住民が黙とう、戦没者の冥福を祈った。

 1972(昭和47)年に建立され、400人近い戦没者の名前が刻銘された慰霊之塔は老朽化で年度内に町が建て替えを計画している。

 式典には遺族や竹富小中学校の児童生徒、関係者ら約100人が参列。黙とうの後、川満栄長町長が「戦争は人間の尊厳を踏みにじるものであり、次の世代に正しく伝え、八重山から世界に平和のメッセージを発信していきたい」と式辞。県遺族連合会八重山支部副支部長の冨里正通さん(代読)が追悼の言葉を述べた。

 児童生徒を代表して竹富中学校3年の上野勇佐魚(いさな)君が「竹富島の学校にも爆弾が落とされ、運動場に大きな穴が空いたことをお年寄りから聞かされた。当時のことを考えると、私たちの生きる今はすごく幸せなんだ思う」と平和のメッセージを朗読。平和への願いを込めて全児童生徒で「月桃」を合唱した。

 続いて、西大舛髙旬町議会議長や大山栄一竹富公民館長、遺族らが次々と焼香、平和への決意を新たにした。

  • タグ: 戦没者追悼式竹富町
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム