八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「ひとめぼれ」を初出荷 「味も上々」本島へ135㌧

八重山産ひとめぼれの1期米を積んだトラックを拍手で送り出した出荷式=16日午後、JA八重山地区ライスセンター構内

八重山産ひとめぼれの1期米を積んだトラックを拍手で送り出した出荷式=16日午後、JA八重山地区ライスセンター構内

 JAおきなわ八重山地区営農振興センター(大道保夫センター長)は16日午後、「ひとめぼれ」の1期米135㌧余をJA八重山地区ライスセンターから本島向けに初出荷した。21日から本島内のスーパーなどの店頭に並ぶ。同センターによると、「ひとめぼれ」の1期米は今年、800㌧の出荷を予定。

 この日出荷したのは石垣島と西表島の稲作農家約200戸が収穫したもので、味も上々だという。

 この日の出荷式には生産農家やJA関係者約30人が出席し、1期米を積んだトラック2台を万歳三唱で送り出した。

 八重山地区水稲生産部会の翁長孝夫部会長は「天候の影響で例年より収穫が10日ほど遅れたが、米の出来は上々」とあいさつ。

 JA八重山地区本部の大道保夫センター長は「日本一早く出荷された八重山のお米が安全・安心に県民の食卓に並んでほしい」と語った。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

ページ移動

キーワード検索フォーム