八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

大嶺きょう今季初先発 11カ月ぶり1軍マウンド

2月16日に市中央運動公園野球場で行われた石垣島初のオープン戦で登板した千葉ロッテの大嶺祐太。今季初の1軍登板が決まった

2月16日に市中央運動公園野球場で行われた石垣島初のオープン戦で登板した千葉ロッテの大嶺祐太。今季初の1軍登板が決まった

 千葉ロッテマリーンズの大嶺祐太が17日午後6時、横浜スタジアムで行われる横浜DeNA戦に先発する。大嶺にとって昨年7月7日の西武戦以来、約11カ月ぶりの1軍マウンドとなる。エース成瀬や唐川が勝ち星に恵まれないなか、今季初先発の結果次第では「ローテーション入りの可能性もある」と期待も膨らむ。       ロッテはリーグ3位。現在行われているセ・パ交流戦でも勝ち星を伸ばせず9勝9敗。

 苦しいチーム事情のなかで、大嶺に1軍初先発のチャンスがめぐってきたことについて、1SHIGAKI26の大城文博会長は「いいタイミング。交流戦も後半戦に入り、大嶺を入れて巻き返しを図りたいのではないか」と分析。「2軍では兄弟そろって活躍している。結果次第ではローテーション入りの可能性もあるはず。後半戦の起爆剤にする意味でも、何とか勝利を挙げてほしい」と期待した。

 横浜の先発は以前、ロッテに所属していた久保康友。元先輩との投げ合いに、大城会長は「いい刺激になるのではないか」。

 大嶺は今季2軍で11試合に先発し、5勝1敗。防御率は4.98。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

ページ移動

キーワード検索フォーム