八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

女性候補、過去最高の6人か 石垣市議会議員選挙

25173.png

27~29人の争いに 予定者の顔ぶれ出そろう 石垣三雄氏は勇退へ

 任期満了に伴う石垣市議会議員選挙(8月31日告示、9月7日投開票、定数22)は、投開票日まで3カ月を切り、立候補予定者の顔ぶれが出そろってきた。12日時点で出馬を予定、検討しているのは29人。34人で争われた前回に比べ、少数激戦の様相だ。現職では野党の大浜哲夫(69、7期)=石垣=と池城孝(67、5期)=同=の両氏に加え、共産の石垣三雄氏(65、5期)=新栄町=が勇退を決め、後任ととして女性を擁立する予定。ほかに新人の女性2人が出馬の意志を固めたか、固めつつあり、今市議選では女性候補者が過去最高の6人になる可能性がある。

 新たに出馬の意志を固めたのは会社代表の東山盛敦子氏(47)=崎枝=、石垣三雄氏の後任で農業の井上美智子氏(60)=明石=の2人。ほかに50代の女性も詰めの調整をしている。いずれも野党系。

 現職では、勇退する3氏を除く19人のうち保守系中立の松川秀盛氏(66、7期)=石垣=が態度を明らかにしておらず、今月中には「決めたい」としている。

 公明党は新人を加えた計3人の出馬が取り沙汰されたが、従来通り現職2人に決まった。

 新人では、これまでに意欲を示していた会社代表の黒島孫昇氏(60)=真栄里=が断念した。

 中山義隆市長を原則支持、原則不支持の与野党別でみると、与党系16人、野党系10人、中立系3人となっており、連戦連勝の保守側の勢いが予定候補者の数にも表れている。

 市議選に向けた動きは、新人や現職の一部が事務所開きを行ったり、政治活動連絡所を設けたりするなど具体化しており、市議会6月定例会終了後に本格化する。

 2010年9月12日の前回選挙には34人が立候補し、最下位当選者の得票数は722票だった。当日有権者3万6370人のうち2万7492人が票を投じ、投票率は75・59%。今年3月2日の市長選時点の有権者数は3万7253人に増えている。現職らは「投票率が大きく変わらなければ当選ラインも上昇するだろう」とみている。

 現職の任期は9月27日まで。

  • タグ: 石垣市議会議員選挙
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    ページ移動

    キーワード検索フォーム