八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

標本に児童ら興味津々 平真小

平真小学校のチャレンジ広場に八重山のチョウやガの標本約100種類が展示され、興味津々の様子で見入る児童ら=11日午前

平真小学校のチャレンジ広場に八重山のチョウやガの標本約100種類が展示され、興味津々の様子で見入る児童ら=11日午前

チョウやガなど約100種

 平真小学校(松原範夫校長)の校長室前の「チャレンジ広場」に11日、八重山のチョウやガの標本約100種類が展示され、児童らが興味津々の様子で見入った。

 標本は松原校長が義理の伯父で小学校教諭だった故・宮良正さんから約30年前に譲り受けたものや松原校長自身のもので、オオゴマダラやヨナグニサンなど多数が並んだ。

 松原校長は約20年前に竹富小学校で教諭をしていた際、ツマグロゼミに関する資料の編集と執筆を手がけたことがあり、同日午前に開いた集会で当時の様子を紹介。その資料のほか、チョウやガの標本も見てもらい、学習に生かそうと企画したという。

 午前中に標本を設置し、休み時間中に児童が気軽に見られるようにした。授業を終えて同広場前を通った児童らは「すごい!」「標本がたくさん!」と目を輝かせた。

 6年生の中村直夢君(12)は「標本のメモにオオゴマダラが日本で1番大きいと書いてあり、初めて知った」と感想。平良鈴音(りんね)さん(11)は「いろんなチョウの標本があって驚いた。見たことはあるけど名前が分からないチョウもおり、勉強になる」と話した。

 松原校長は「子どもたちの学習に生かされ、宮良さんも喜んでいると思う」と語った。標本は多目的室に移動させ、当面の間展示する。

  • タグ: 平真小学校標本展示
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム