八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

八重山芸能たんのう 琉球フェスティバル

琉球フェスティバル八重山芸能公演の幕開けを飾った八重山民謡保存会那覇支部の「鷲ぬ鳥節」の斉唱=29日午後、琉球新報ホール

琉球フェスティバル八重山芸能公演の幕開けを飾った八重山民謡保存会那覇支部の「鷲ぬ鳥節」の斉唱=29日午後、琉球新報ホール

歌・踊りに5団体出演

 【那覇】県内の伝統芸能などを披露する「第50回琉球フェスティバル」(琉球新報社主催)は29日午後、那覇市泉崎の琉球新報ホールで八重山芸能などの公演を行い、観客を楽しませた。

 公演には、八重山古典民謡保存会那覇支部(仲大底博也支部長)、八重山古典民謡筝曲保存会(玉城弘子会長)、勤王流八重山舞踊保存会無錆之会・川井民枝舞踊道場、八重山伝統舞踊勤王流トキの会(堀切トキ会長)、八重山舞踊勤王流祥吉の会・上里愛研究所が出演した。

 出演者は「鷲ぬ鳥節」「鳩間節」の三線斉唱をはじめ「高那節」「越城節」の筝曲斉唱、独唱「でんさ節」などを披露。舞踊では「白保村」「月夜浜節」「鶴亀節」「夜雨節」「まるまぶんさん節」「古見ぬ浦節」で舞台を飾った。

 琉球フェスティバルは沖縄の芸能文化の発展を目指し、1965年から始まり、毎年春の恒例行事として定着している。今年は25日に開幕し、5月4日まで琉球古典音楽など多彩な分野の110団体・1700人余りが出演する。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム