八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

行楽地にぎわう GW前半は五月晴れ

好天の下、潮干狩りを楽しむ親子連れの観光客=29日午前、川平底地ビーチ

好天の下、潮干狩りを楽しむ親子連れの観光客=29日午前、川平底地ビーチ

 26日からゴールデンウイーク(GW)がスタートし、郡内の行楽地は家族連れや観光客でにぎわいをみせている。晴れ間が広がった

29日午前、石垣市川平底地ビーチには多くの観光客が訪れ、海水浴や潮干狩りを楽しむ姿が見られた。

 GWを利用して横浜市から家族4人で訪れた会社員の鈴木亮平さん(32)は「大型連休は石垣島で過ごそうと計画して来た。きょうは泳ごうと思ったが、気温が低く、肌寒いので止めました」と苦笑い。妻の和辰(ファジン)さん(32)は石垣島は2度目。「空港が新しくなっていて驚いた。天気もいいので島の北部を中心に観光したい」と楽しみな様子。

 石垣島地方気象台によると、連休中の天気は前半は高気圧に覆われておおむね晴れ。後半は4日ごろから気圧の谷や湿った気流の影響で雲が広がりやすく、雨が降る見込み。

 梅雨入りは「平年は5月9日だが、現時点ではまだ分からない」(気象台)という。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム