八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

入賞作59点決まる 素敵なお母さん図画コン

幼稚園・保育所の部の作品から入賞作品を選ぶ審査員ら=29日午前、八重山毎日新聞社会議室

幼稚園・保育所の部の作品から入賞作品を選ぶ審査員ら=29日午前、八重山毎日新聞社会議室

来月10日に表彰式

 第22回素敵なお母さんの図画コンクール(八重山毎日新聞社主催)の審査が29日、本社会議室で行われ、入賞作品59点と入選作品377点が決まった。5月9日の紙面で発表し10日午後2時から、石垣市民会館中ホールで表彰式を行う。

 コンクールは5月第2日曜日の「母の日」にちなみ、大好きなお母さんの絵を描いてもらおうと毎年行っている。

 今年は郡内の幼稚園と保育所29園(所)から341点、小学校33校から1221点の計1562点の力作が寄せられた。審査員は仲皿涼子さん(野底小学校教頭)、渡久地伸一さん(石垣第二中学校美術教諭)、加原玲子さん(平真小学校教諭)が務めた。

 今年から審査に加わった仲皿さんは幼稚園と保育所の部の作品審査後、「何かをしているところというよりお母さんの顔をアピールしている作品が多い。思い通りにノビノビと描かれていると思う」、加原さんは「表情が良い作品が多かった。普段何げなくしているしぐさが描かれており、お母さんとよく関わっているのが伝わってきた」と話した。

  • タグ: 素敵なお母さんの図画コンクール
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム