八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

ドルフィンファンタジー石垣島 オープン

ドルフィンファンタジー石垣島がオープンし、イルカのジャンプに笑顔をみせる子どもたち=26日午前、新港地区

ドルフィンファンタジー石垣島がオープンし、イルカのジャンプに笑顔をみせる子どもたち=26日午前、新港地区

子どもたちを招待
かわいいイルカに笑顔

 「NPO法人観光事業活動研究会」(大泊吉博理事長)が新港地区の人工ビーチ内で計画を進めていたイルカ触れ合い施設「ドルフィンファンタジー石垣島」が26日、オープンした。施設から招待を受けた、しらほ幼稚園と白保小学校、学童クラブちゅらハウスの子どもたち30人余りが餌を与えるなどして、イルカとの触れ合いを楽しんだ。

 同施設は、海に設置した横40㍍、奥行き30㍍のいけすにバンドウイルカのメス5頭を飼育している。

 オープンまでには、5人のトレーナーが人に慣れさせようとイルカを訓練し、見学や触れ合い体験ができる。

 夏以降は、イルカと一緒に泳げるなどの体験も実施していきたい考えだ。

 ちゅらハウスの生盛雄大くん(小6)は「イルカの体を触るのは初めて。ナスビのような感じだった」と感動した様子。しらほ幼の福本歩時ちゃん(5)と大浜ゆずきちゃん(同)は「イルカに餌の魚をあげることができてうれしかった」と笑顔をみせた。

 白保小6年の内原七海さんは「トレーナーのお姉さんの言うことを聞くので、イルカは人の言葉が分かるのかなと思った」と感嘆していた。

 大泊理事長は「サンゴ保全や人工ビーチを含めた観光資源開発も視野に、事業を通して石垣市の観光産業振興の一翼を担い、安心安全をモットーに運営していきたい」と話した。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム