八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

石垣キャンパスを開設 琉大

琉大法文学部の池田栄史教授(右)の講座をリアルタイムで受講する参加者たち=25日夕、市立図書館視聴覚室

琉大法文学部の池田栄史教授(右)の講座をリアルタイムで受講する参加者たち=25日夕、市立図書館視聴覚室

講義もリアルタイムで

 琉球大学サテライト石垣キャンパスの開設式典と第1回講座などが25日午後、市立図書館で開かれ、市民52人をはじめ関係者多数が参加した。

 式典に先立ち、大城肇学長と玉津博克教育長が同館玄関に設置された看板を除幕。大城学長は「八重山住民や地域のニーズに応えられるよう大学を挙げて取り組んでいきたい」、玉津教育長は「多くの市民が生涯学習を楽しみ、クオリティーオブライフの一助になればと期待している」とあいさつした。

 引き続き、琉大法文学部の池田栄史教授の公開講座「元寇沈船を探す―琉球大学による水中考古学の試み―」が行われ、参加者がリアルタイムで受講した。

 また、琉大への期待やサテライトの活用方法などについて話し合う「ワールドカフェ」も開かれ、参加者から「受講したら琉大の単位が取れるか」などの質問や、「教員のスキルアップにサテライトを活用できないか」「情報技術(IT)関係やコンピューター関係の講座をしてほしい」などの要望が相次いだ。

 同キャンパスは文部科学省の補助事業に採択された琉大の「ちゅら島の未来を創る知の津梁(かけ橋)」事業の一環。インターネットのビデオ会議システムを活用し、琉大の公開講座を配信するもので、市民は原則無料で受講することができる。本年度は12の授業や講座計35回を計画しており、5月13日から配信される。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム