八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

増収技術を確立 サヤインゲン

節間伸長処理栽培が行われているわい性サヤインゲン(資料写真、県農林水産部提供)

節間伸長処理栽培が行われているわい性サヤインゲン(資料写真、県農林水産部提供)

県農水部、農家普及へ

 【那覇】県農林水産部(山城毅部長)は22日、県の戦略品目のサヤインゲンについて、わい性節間伸長処理栽培の増収技術が確立し、県内で本島南部地区を中心に62戸の農家が生産拡大に取り組んでいると発表した。

 新技術では10㌃当たり収量が従来の3倍余の3㌧以上が見込まれる。今後、県内農家(529戸・2010年統計)への新技術の普及で産地としての生産性向上が期待されている。

 増収技術はサヤインゲンの幼苗期に植物ホルモンのジベレリンを2回散布し、節間を伸ばして採光性を改善することで、効果が不安定だった従来の1回散布と比較して、収量が20%増加の安定した増収効果が得られる。

 県では「全国から沖縄のサヤインゲンがほしい」との要望も多いことから、県内農家へ新技術の普及定着を図ることで、今後の生産拡大につなげたいとしている。

 県内のこれまでのサヤインゲン栽培は、つる性品種を用いた平張り施設などでの露地栽培が主体だった。これだと10㌃当たりの収量が1㌧、新技術で栽培すると3㌧以上の収量が見込まれる。

 サヤインゲンは冬春期における県外出荷の主力品目で、市場からは出荷量の増加が強く望まれている。

 だが、生産量は1990年の4500㌧をピークに、農家の高齢化や収穫時期に大きな労力と時間が必要とされることから減少傾向にあり、市場価格が下落した2012年産は1960㌧に落ち込んだ。

  • タグ: サヤインゲン
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム