八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

味もよく豊作! 昨年並みの収穫量

収穫されたばかりの養殖モズクを一斗缶に詰めるモズク業者=21日午後、八重山漁協構内

収穫されたばかりの養殖モズクを一斗缶に詰めるモズク業者=21日午後、八重山漁協構内

養殖モズク漁が最盛期

 

 1日から始まった養殖モズクの収穫が最盛期を迎えている。21日、八重山漁協構内には収穫されたばかりの養殖モズクが朝から大量に運び込まれ、業者が選別後、一斗缶に生詰めや塩詰め作業に追われていた。

 モズクは天然と養殖の2種類があるが、水揚げされるモズクのほとんどが養殖。漁業者は早朝6時に出港し、竹富島や小浜島近海にある養殖場でモズクを収穫。1日約5㌧、多いときには水揚げが10㌧以上にもなるという。

 八重山漁協が昨年のシーズン(2~5月)中に扱ったモズクの量は208.604㌧。1㌔当たりの単価は120円で、今シーズンも昨年並みの実績を見込んでいる。

 八重山漁協モズク養殖部会の砂川政信部会長(42)は「今年は水温も低く、日照も十分だったので味もよく豊作。昨年と同じくらいの収穫量を目指したい。ハーリーまでには収穫を終わらせたい」と意気込んだ。

 収穫作業は4月から5月末まで行われる予定。

 

  • タグ: モズク
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム