八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

13年度観光客658万人 新石垣開港効果など要因

昨年3月7日に開港した南ぬ島石垣空港。LCCの就航も重なり、県内入域観光客数を押し上げる要因となった(資料写真)

昨年3月7日に開港した南ぬ島石垣空港。LCCの就航も重なり、県内入域観光客数を押し上げる要因となった(資料写真)

 【那覇】県文化観光スポーツ部(湧川盛順部長)が21日発表した2013年度の入域観光客数は、南ぬ島石垣空港開港効果や景況感の上向きによる国内旅行の需要拡大などで、前年比11.1%増の658万300人となり、過去最高を更新した。初の600万人台到達で前年比で65万5600人の増加。過去最高だった08年度の593万4300人を大きく上回った。14年度は福岡-石垣路線の運航期間拡大をはじめ航空路線の拡充などで沖縄への旅行需要は継続するとみられている。

 入域観光客の内訳は、国内客が7.4%(41万900人)増の595万3100人、外国客が64.0%(24万4700人)増の62万7200人とそれぞれ過去最高を記録。国内客のこれまでの過去最高は07年度の570万3500人、外国客は12年度の38万2500人だった。

 八重山関連では、3月の南ぬ島石垣空港の開港により、羽田-石垣路線の提供座席数の倍増や、中部-石垣路線が通年運航となり、石垣島や周辺離島への旅行が人気を集めた。

 14年度入域観光客数大幅増の要因は①円安による国内客の国内旅行需要へのシフトと外国客の訪日旅行需要の拡大②国内・海外路線の拡充③官民一体の国内外のプロモーション活動④沖縄本島への台風接近の減⑤格安航空会社の路線就航による誘客効果の継続などが挙げられている。

 国内客は東京方面が7.0%増の296万9000人、関西が15.3%増の118万2000人、福岡が2.4%増の71万3800人、名古屋が5.6%増の47万9300人など。

 外国客は台湾が夏季に台北-那覇、台北-石垣路線の拡充などで70.1%増の25万4000人、韓国が118.2%増の9万8400人、香港が64.4%増の9万2400人、中国が16.6%増の6万8700人だった。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム