八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

巨大オオメジロザメを退治 登野城漁港内

登野城漁港に揚げられた体長約3㍍のオオメジロザメ=21日午前、登野城漁港

登野城漁港に揚げられた体長約3㍍のオオメジロザメ=21日午前、登野城漁港

中学生の遊泳やめて

 登野城漁港で21日午前、体長約3㍍の巨大なオオメジロザメが揚がった。20日午後7時ごろ、同漁港内で出漁準備中の船に近づいてきたところを玉城徳彦さん(31)らがモリで仕留めた。徳彦さんによると、2~3カ月前からサメが目撃されていたという。

 徳彦さんは「1人では無理だった。父とおいっ子、高江洲のジローおじーに手伝ってもらい、どうにか仕留めた」と苦闘ぶりを話した。

 おいの西表貴斗君(平真小5年)は「大きくてびっくりした」とサメの巨体に驚いた様子。

 また徳彦さんの父、光将さん(66)と貴斗君は20日に漁港で釣りをしていた際に、仕留めた以外にもサメを目撃。貴斗君は「4㍍ぐらいだった。すぐ近くまで来ていた」と話した。

 同日、同漁港で遊泳する子どもたちの姿があったようで、玉城友美さん(36)は「中学生らが泳いでいる。本当に怖いので泳がないでほしい」と訴えた。石垣市水産課の平良守弘課長は「漁港内にはサメが多く入ってきており、とても危険。ゴールデンウイークに向けて家族連れの観光客も増えるので、漁港内での遊泳は慎んでもらいたい」と注意を呼びかけた。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム