八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

路上寝込みが急増 八重山署

酒に酔って路上に寝込む男性(八重山署提供)

酒に酔って路上に寝込む男性(八重山署提供)

八重山署管内路上寝込み統計

今年すでに132件も 4月から警告書
常習者は検挙も辞さぬ

 八重山署(仲村智成署長)管内の路上寝込み件数が今月17日時点で132件に上り、年間568件と過去最悪だった昨年(4月末時点で116件)を上回るペースで推移していることが分かった。同署が18日午後、発表した。同署は初の取り組みとして4月から路上寝込み者に警告書を出しており、今後、路上寝込みを繰り返す者には、検挙も辞さない強い構えで臨むことにしている。

 警告書には氏名、職業、路上寝込みの状況が示され、「路上寝込みは道路交通法違反。非常に危険。今後、同様の行為を繰り返す場合は逮捕されることがある」と記されている。路上寝込みは道路交通法第76条に違反し、5万円以下の罰金が科せられる。

 同署管内では、1月に石垣市石垣の通称18番街の駐車場で酒に酔って寝ていた男性=当時(68)=が車にひかれて左鎖骨、右肋骨(ろっこつ)骨折など重傷事故が発生。2007年には死亡事故、05年には重傷事故が起きている。

 また昨年、路上寝込みを狙った窃盗事件が4件発生し、うち3件が検挙されている。

 管内の路上寝込みは美崎町や18番街付近で多発しているという。年齢は20−70代と幅広く、男性が大多数だが、中には女性も含まれている。

 路上寝込みは例年、暖かくなる5月ごろから増え始め、6−9月をピークに冬場は減少している。

 発生件数は1日当たりに換算すると、昨年は1・6人。今年は増加する夏場を前に1・2人となっている。

 嘉手苅忠夫副署長は「新空港開港以降、多くの観光客が来島している。路上寝込みは石垣市のイメージを損なうだけでなく、青少年に対しても悪影響を及ぼす。節度ある飲酒を心がければ路上寝込みは防げる」と話している。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム