八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

立体標示がお目見え 車の減速効果を期待

市内にお目見えした立体標示=15日、同登野城

市内にお目見えした立体標示=15日、同登野城

市内6カ所に

 石垣市内で運転者から立体的に見える道路標示がお目見えし、話題になっている。通学路付近での交通事故防止を促すもので、その名も「ソリッドシート」。濃淡の異なる色を配し、標示部分が立体に浮き上がって見える工夫が施され、車両の減速効果が期待できるという。

 同シートは近年、全国的に普及しつつあり、石垣市では初の試みとして市民から要望があった市内6カ所に稲妻をイメージした「サンダータイプ」を導入した。形状は「マウンテンタイプ」や「ブロックタイプ」など数種類あるという。

 市の2013年度交通安全対策事業として3月末から整備し、現在、登野城・真喜良・新川の市内3地区計6カ所に設置されている。市施設管理課では「今後、結果を検証したうえで標示を増やすかを判断したい」としている。同課の担当者は「標示がなくても、横断歩道手前ではこれまで通り減速してほしい」と呼びかけている。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム