八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

川平湾観光にEV船 環境に優しく静か

川平湾にお目見えした電気推進船=14日午後3時半ごろ

川平湾にお目見えした電気推進船=14日午後3時半ごろ

市が600万円補助 川平マリンサービスが導入

 国の名勝に指定され、西表石垣国立公園にも編入されているミシュラン・グリーンガイド・ジャポンの三ツ星観光地、川平湾に14日、電気を動力源とした電気動力船(EV船)のグラスボート(4.8㌧、定員22人)がお目見えした。石垣市の補助を受け、㈱川平マリンサービス(高嶺良晴代表取締役社長)が建造したもので、海上で商業用に導入されるのは全国初。4月下旬ごろの運航を予定しており、排ガスを出さない自然環境に優しいグラスボートとして注目されそうだ。

 石垣市が、エコアイランド構想に基づき、川平地区をモデル地区として一括交付金を活用。公募で同社を選定、600万円を補助した。同社によると、EV船建造に約3000万円を要した。

 湾内では同社を含む3業者が計13隻でグラスボート事業を展開しているが、EV船の普及には莫大(ばくだい)な初期投資費用が課題。同社の高嶺社長は「エンジン部分だけの取り換えを今後、検討したい。それでも2000万円ほどかかる」と話した。

 高嶺社長によると、エージェントからはすでに「客を送りたい」とのオファーが寄せられており、環境に配慮したグラスボートとして差別化が期待できる。さらにEV船は静かで快適。前進、後進する際のクラッチ音がないため、魚も逃げないというメリットも。今後、運行形態を検討した上で今月中には営業を開始する予定だ。

 EV船は東京海洋大学が開発し、民間企業が製品化。リチウムイオン電池を動力源とし、約3時間の充電で30分コース6回の運航ができるという。市は2014年度に急速充電器を整備する予定で、これだと15—30分で充電が可能となる。

 14日は就航セレモニーがあり、高嶺氏はあいさつで「自然を大事にし、川平湾を環境に優しい観光地にしていきたい」と抱負を述べ、中山義隆市長、東京海洋大学の大出剛客員教授が普及に期待した。関係者がテープカットを行った後、試乗も行った。

  • タグ: 電気動力船
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム