八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

かまぼこ店悲鳴 原材料高騰で業者に打撃

消費増税の影響で原材料が値上がり、かまぼこ業者に打撃を与えている=12日午後、かみやーき小かまぼこ店

消費増税の影響じわり

 消費税率が8%に引き上げられてあすで2週間になるが、石垣市内のかまぼこ店では増税で原材料の「すり身」と油が値上がりし、やむなく商品を値上げした業者も。消費者からは「仕方ないが、値上げは残念」と不満の声も聞かれる。

 かまぼこ店によると、今回の増税で単品やセット商品の価格を10円から90円値上げしたが、常連客から「高くなった」と指摘の声。現在、価格が据え置かれている地元業者から仕入れているすり身も今後、値上げが見込まれ、ダブルパンチという。

 従業員の一人は「原材料が今後、どれくらい値上がりするのか分からないので不安。増税の影響で売り上げは減っていないが、10%になった時が怖い。量を少なくするかもしれない」と話す。

 他の業者は「価格は据え置きで業界の動向を注視している。原材料の魚のすり身と食用油メーカーは単価を徐々に上げている状況なので、10%になれば値上げするか量を減らすかになるだろう」と述べた。

 かまぼこを購入した女性(64)は「値上げは消費者にとって大変だが仕方ない。量り売りで買うときは以前より量が少ないので寂しい」と話した。

  • タグ: かまぼこ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム