八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

パインの出荷始まる JA集出荷場

3月末から出荷が始まった本年産パインアップル=9日午前、JA集出荷場

3月末から出荷が始まった本年産パインアップル=9日午前、JA集出荷場

ボゴールとソフトタッチ 5月がピーク

 本年産パインアップルの出荷が3月末から石垣市磯辺のJA集出荷場で始まり、職員らが選果機を使ってサイズ分けされた果実の箱詰め作業に追われている。

 出荷されているのは生食用品種の「ボゴール」と「ソフトタッチ」。関東市場を中心に、県内の大型スーパーに送られている。

 JA八重山地区営農振興センターによると、今期のパインの生産計画は約600㌧(前年実績約500㌧)。このうちの約8割を、今回出荷が始まった2品種が占める。

 2品種の出荷は5月をピーク6月末まで。5月下旬から8月初旬にかけては、果実の大きなハワイ種が出荷される。

 JAでは、2品種の出荷がピークを迎える5月17日を「パインデー」として、県内の全JA店舗などで試食などのキャンペーンが予定されている。

  • タグ: パインアップル
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム