八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

引っ越しシーズンピーク

コンテナに荷物を運び込む運送業者ら=27日午前、石垣海上保安部職員宿舎

コンテナに荷物を運び込む運送業者ら=27日午前、石垣海上保安部職員宿舎

運送業者書き入れ時

 国や県職員の人事異動に伴い、石垣市内の公務員宿舎や賃貸住宅では、引っ越し作業がピークを迎え、運送業者がソファやテーブル、家電製品などをコンテナに次々と積み込む姿がみられた。

 美崎運輸㈱では、アルバイトを含む15人から20人が3、4グループに分かれ、引っ越し作業に従事。1日に10件以上こなす日もあり、男性従業員は「1年で一番の書き入れ時。お客さまの荷物をていねいに扱い、安心安全を第一に目的地へ届けたい」と話した。

 運送業者によると、3月は島内からの転出、4月1日から1週間くらいは島外からの転入に伴う引っ越し作業で、スケジュールが埋まっているという。

 輸送料金はコンテナ1台当たり石垣-那覇が約12万5000円、石垣-東京で約22万2000円かかるという。

  • タグ: 引っ越し
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム