八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

学力向上先進県に学べ 花城、西表両教諭を派遣

交流事業で秋田県の小学校に赴任する西表知彦教諭(右)と花城正憲教諭=26日午後、八重山教育事務所

交流事業で秋田県の小学校に赴任する西表知彦教諭(右)と花城正憲教諭=26日午後、八重山教育事務所

 石垣市立新川小学校の花城正憲教諭(39)と竹富町立白浜小学校の西表知彦教諭(35)2人が4月から県の教員交流人事交流事業で

秋田県の公立小中学校に派遣される。

 26日午後、八重山教育事務所で行われた報告会で花城教諭は「沖縄とどう違うのか、秋田県の学校現場でしっかりと学んできたい」、西表教諭は「大きなチャンスをもらった。1年後に石垣に戻ったとき、地元の教育に反映できるよう努めたい」とそれぞれ抱負を述べた。

 黒島一哉教育事務所長は「児童生徒の学力向上は県の重要な課題。これを肝に銘じて、自身を高めてきてほしい」と2人を激励した。

 同事業は学力テスト上位の同県のノウハウを学ぼうと2009年にスタート。八重山教育事務所管内から派遣されるのは両教諭で3人目。

 派遣期間は1年で、希望すれば1年を限度に期間延長もできる。花城教諭は今年4月に開校する由利本荘市立岩城小学校、西表教諭は北秋田市立鷹巣小学校に勤務する。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム