八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

467人に喜びの春 県立高校合格発表

八重山商工高校の合格発表で、自分の番号を見付け、喜びを爆発させる受験生ら=13日午前、同校

八重山商工高校の合格発表で、自分の番号を見付け、喜びを爆発させる受験生ら=13日午前、同校

受験生、目標達成へ一歩 「ありえない」「うれしい」

 県立高校の2014年度一般入試合格発表が13日午前9時から県内各校で一斉に行われ、地元3高校と八重山特別支援学校では合わせて467人(推薦含む)が合格した。各校では、掲示板に張り出された番号を見て「受かった!!」「あった!」と友人同士で抱き合う姿や、あまりのうれしさに泣きだす生徒、家族や先生に連絡する姿もあり、喜びの笑顔であふれた。2次募集は14日と17日に定員に達していない学校、学科で行われる。

 本年度は地元4校に推薦内定者を含めた514人(定員622人)が志願。八重山高校で240人(定員240人)、八重山商工高校全日制で115人(同160人)、同定時制で15人(同40人)、八重山農林高校で90人(同160人)、八重山特別支援学校で7人(同22人)の計467人が合格した。

 このうち、八重山商工高校(友利成寿校長)では、電気科西側の掲示板に合格者番号が張り出され、一斉に駆け寄った受験生や保護者たちの間に歓喜の声が広がった。受験生はハイタッチやガッツポーズをして喜びを爆発させた。

 商業科観光コースに合格した石垣第二中の髙屋由梨奈さん(15)は「受験のためにすごく勉強をしてきたので、あり得ないほどうれしい。高校では中国語を学び、将来石垣島でバスガイドができるように頑張りたい」とうれし泣き。情報技術科に合格した石垣中の伊計僚馬君(同)は「この気持ちを親や友達に早く伝えたい。高校でもハンドボールを続け、勉強ともに両立させたい」、定時制に合格した仲間つぐみさん(同)は「うれしいの一言。将来は自分の美容室を持ちたいと思っており、資格取得にも力を入れながら頑張りたい」と意欲を語った。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム