八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

男女7人リヤカーの旅 本土の大学生、えっちらおっちら

リヤカーを引きながら旅を楽しんでいる大学生の男女7人=13日午後、野底小学校前

リヤカーを引きながら旅を楽しんでいる大学生の男女7人=13日午後、野底小学校前

総距離70㌔を4日間で

 本土の大学生男女7人が、テントや食料を積んだリヤカーを引きながら11日から石垣島を旅している。東京や山形、群馬から集まった若者たち。通っている大学は別々で、今回の旅で初めて顔を合わせしたメンバーもいる。

 リーダー役の上里尭さん(21)=東京都中野区=は、群馬県で自然学校などの活動をしている民間非営利団体(NPO)「あるきんぐ」に2年前に初めて参加し、徒歩で旅する面白さを体感。それ以来、久米島や宮古島を歩いて旅するイベントにも参加している。

 今回の旅は「あるきんぐ」で知り合った町田すみれさん(21)と企画し、友人らに呼び掛けてメンバーを集めた。

 一行は11日午後12時前、南ぬ島石垣空港を歩いて出発。国道390号線を南下し、真栄里で1泊。2日目にリヤカーを調達し、川平山原まで進んだ後、民間キャンプ場に泊まった。3日目は伊原間交差点を折り返して南下、白保に到着した。最終日の14日は中心市街地まで午前中に歩く。この間、総距離は約70㌔。夕方には島を離れるという。

 上里さんは「予定やルールがない旅で、普通の観光では味わえない面白さや、人とのつながりや温かさを体験している。メンバーとは、不思議な関係性を楽しんでいる」と充実した表情で話した。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム