八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

総合文化祭始まる 石垣市文化協会

石垣市民踊愛好部会のアトラクション「人生前向きに」で開幕した第19回石垣市民総合文化祭=8日午後、市民会館ピロティ

石垣市民踊愛好部会のアトラクション「人生前向きに」で開幕した第19回石垣市民総合文化祭=8日午後、市民会館ピロティ

12部会の秀作に興味津々
きょう大ホールで舞台の部

 「育てよう文化の心 文化のまち」をテーマにした第19回石垣市民総合文化祭(市文化協会主催)の展示の部が8日午後、市民会館で始まった。9日まで2日間開かれる。書道や華道部会など12部会が数々の作品を出展し、大勢の来場者が一つ一つの作品に興味深そうに見入っていた。9日午後6時30分からは大ホールで舞台の部が行われ、三線や舞踊など10部会が活動の成果を披露する。

 同文化祭は会員の日ごろの芸術、文化活動を広く公開し、文化の継承、発展、想像、交流に努め、心豊かな文化のまちづくりを図ることが目的。

 オープニングセレモニーは同日午後2時から市民会館ピロティで行われ、市文化協会の石垣久雄会長が「各部会員の活動の成果を鑑賞し、今後の精進に向けて会員を励ましてほしい」とあいさつ。中山義隆市長の祝辞のあと、テープカットと民踊愛好部会のアトラクションで幕を開けた。

 展示会場の中ホールには書道や華、絵画、織物、陶芸など各部会員が丁寧に仕上げた作品が並び、歴史民俗部会の研究成果「古制の『ハカ』と屋号(屋号)について」や食文化部会のおもてなし菓子「ユヌグツム」も展示され、大勢の市民が会場を訪れた。

 茶道部会や琉球の茶道部会は中ホールと大ホールのピロティに茶室を設け、来場者に茶やぶくぶく茶を振る舞い、来場者を楽しませた。

 舞台の部では三線や舞踊、方言、コーラス、琉球芸能、武道など10部会が合わせて15演目を披露。入場料1000円。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム