八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

嘉弥真新也、プロ3年目〜大成の予感

嘉弥真新也投手=福岡ソフトバンクホークス提供

嘉弥真新也投手=福岡ソフトバンクホークス提供

嘉弥真新也投手=福岡ソフトバンクホークス提供

福岡ソフトバンクホークス投手
唸れ“嘉弥真ボール” 先発ローテ入りに期待

 「目標は2けた勝利」-。ソフトバンクホークスの嘉弥真新也(24)がプロ3年目となる今年を見据えた。2013シーズンは1軍初先発を経験し、7月のロッテ戦では初勝利。入団会見で下積み時代を思い出して涙した左腕は、戦いのステージを着実に上がってきた。年俸は一気に1800万円増の2800万円。球団側は「先発で」と期待を込める。石垣島から飛び立った若鷹が先発ローテーション入りを狙う。

 2013シーズンは40試合に登板し54回1/3を投げて3勝1敗4ホールド。防御率2・32という抜群の安定感。

 嘉弥真は「(数字は)気にせずやっていた。結果が出てよかった。いろんな経験ができた一年だった」と振り返る。球団側からは契約更改時に「勝ち試合や負け試合、ロングリリーフなどさまざまな場面でよく頑張ってくれた」とねぎらいの言葉をかけられた。

 今季、2軍でスタートを切った背番号57は5月末までに6勝。同月のミズノ月間MVPを獲得し、1軍に昇格。同月31日の広島戦に中継ぎとして今季初登板した。

 当初は試合をつくらなければという気負いから、緊張で震えたが、投球回数を重ねることで「徐々に自分の投球ができた」。ピンチを切り抜けたり、打者を抑えたりした自らの投球を客観的に振り返る「冷静さがあった」と自身の成長ぶりを語る。「ただがむしゃらに投げていた」という2012シーズンからの進化である。

 「まだ投げる体力がない」とスタミナ面では課題も残る。

 独特の変化をみせる“嘉弥真ボール”で打者を惑わし、先発でフル回転する嘉弥真の雄姿が見られるのか。期待が膨らむ。(年俸は推定)

 

【プロフィル】

 嘉弥真新也(かやま・しんや)

 石垣市白保出身。八重山農林高校、ビッグ開発ベースボールクラブ、JX-ENEOSを経て2012年ドラフト5位でソフトバンク入団。身長171㌢㍍、体重65㌔、左投げ左打ち。

  • タグ: 嘉弥真新也
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    ページ移動

    キーワード検索フォーム