八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

【石垣市長選】「ベテランの私に」と訴え 大浜氏が出馬表明

支持者を前に出馬の意向を表明する大浜長照氏=30日午後5時20分ごろ、後援会事務所

支持者を前に出馬の意向を表明する大浜長照氏=30日午後5時20分ごろ、後援会事務所

市民党組織で勝ち抜く

 前石垣市長で国頭村立東部へき地診療所長の大浜長照氏(66)は30日、後援会事務所で記者会見し、来年2月23日告示・同3月2日投開票の市長選に立候補すると発表した。「石垣市をどうにかしてほしいという強い要請を受け、黙ってはおれないという思いだ」と出馬を受諾した理由を説明、「私なら市民の要望に応えられるようなまちづくりができる。やる自信がある。ベテランの私に任せてほしい」と訴えた。

 後援会の共同代表には元教育長の江川三津恵氏、県議の高嶺善伸氏、元自民党石垣市支部長で前市議会議長の入嵩西整氏のほか、元八重山在宮古郷友会長の宮国恵慈氏が就任した。幅広い層を網らした組織を目指すとしており、革新政党への積極的な推薦依頼はしない方針だ。

 大浜氏と国頭村との契約は来年3月末まで。大浜氏は26日に国頭村長と協議し、2月の1カ月間は休暇をとることで合意。臨時の医師の確保にもめどがついているという。

 大浜氏は会見で争点については「安心して住める石垣市、希望の持てる石垣市、力強い石垣市にできるかどうかが重要なポイントになると思う」と述べ、「市民生活に密着した課題をどう解決するか、身近な問題を拾って解決していく力が求められていると思う」と述べた。

 自衛隊へのスタンスについては「不要だと言ったことはない。人命救助や災害救助になくてはならない存在。国の自衛権も認められている。ただ、他国に行かず、日本にとどまって攻められたときに防衛に徹するべきだ」との認識を示した。

 共同代表の一人、宮国氏は「平和と福祉に対する考え方を支持する。この方以外に考えられない。今の八重山、日本の状況をみるとじっとしておれない。今の動きは絶対許せない。残る人生を平和と命の問題にささげたい」と支持を表明した。

 大浜長照(おおはま・ながてる)。1947年10月18日、石垣市登野城生まれ。群馬大学医学部卒。県立八重山病院に勤務し、検査科・呼吸器科医長、内科医長、副院長、院長を経て93年12月に辞職。同年3月の市長選で初当選し、4期(16年)連続当選。5期目を目指した2010年2月28日の市長選で落選した。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム