八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

24時間走に挑戦 八重高陸上駅伝部

31日午前11時のゴールに向け24時間走のスタートを切る八重山高校陸上・駅伝部のメンバー=30日午前、市中央運動公園陸上競技場

31日午前11時のゴールに向け24時間走のスタートを切る八重山高校陸上・駅伝部のメンバー=30日午前、市中央運動公園陸上競技場

トラック800周が目標

 八重山高校陸上・駅伝部の年末恒例行事「第11回24時間走」が30日午前11時、石垣市中央運動公園陸上競技場でスタートした。部員やOBなど約40人がトラック800周320㌔を目標に、平均1分48秒のペースで1人1周ずつタスキをつなぎ、31日午前11時のゴールを目指す。前回は789周だった。

 陸上部の松田啓人君(2年)が「日ごろ私たちを支えてくれる方々への感謝を忘れず、24時間走り抜こう」と力強く宣誓。

 陸上部の友利誠也主将(2年)は「先輩たちから受け継がれている24時間走に全員が一丸となり、笑顔でゴールしよう」ときっぱり。

 メンバーの疲れが見え始めたころに駅伝部員で周回を重ね、陸上部員はエンドレスリレー(1人100㍍)で稼ぐ作戦。

 友利主将は陸上部の福里尚哉君(2年)がカギを握るとみており、ムードメーカーとしての働きに期待した。

 毎年、気温が下がり、風雨に悩まされる午前6時ごろが疲労のピークとなる。

 スタートに先立ち、顧問の國吉長輝教諭は「ルールを守り、周りの人へ感謝を込めて走ってほしい」と励ました。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム