八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

正月準備でにぎわう 鏡もちやしめ縄売れる

正月に使う鏡もちを品定めする買い物客=29日午後、タウンプラザかねひで

正月に使う鏡もちを品定めする買い物客=29日午後、タウンプラザかねひで

歳末商戦追い込み

 年の瀬も押し詰まり、今年の最後の日曜日となった29日、石垣市内の大型店やスーパー、公設市場は、正月で使う鏡もちやしめ縄、生け花のほか、正月料理に欠かせぬ豚肉やかまぼこ、鮮魚類などを買い求める客でごった返した。買い物客はきょうとあすがピーク。

 一年で経済活動が最も活発になる時期とあって、市内の目抜き通りは車が数珠つなぎなるなど、交通量も増えている。

 このうち、タウンプラザかねひで石垣店(新垣直哉店長)では、駐車場で車が列をつくるほど大勢の買い物客が引きもきらず、店員らが対応に追われた。

 新垣店長によると、鏡もちやしめ縄、切り花、お歳暮のほか、生鮮食料品では三枚肉や中身汁の具、エビやタコ、大根、ミカンが売れ筋だという。スタッフも総出で、高校生など短期アルバイトも雇って対応している。

 娘の長山清乃さん(45)と買い物に来た伊禮常子さん(75)=石垣市登野城=は「お正月には本島や本土から孫やひ孫など総勢20人余が集まる。楽しいお正月を過ごしたい」と笑顔。長山さんは「あしたもあさっても食材を買いに来ないと間に合わない。気が抜けず、毎日睡眠不足だけど楽しいです」と話した。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム