八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

ごみ搬入量が倍に 石垣市クリーンセンター

年の瀬を迎え、最終処分場やクリーンセンターでは一般車両によるごみの搬入が増えている=28日午後、石垣市一般廃棄物最終処分場

年の瀬を迎え、最終処分場やクリーンセンターでは一般車両によるごみの搬入が増えている=28日午後、石垣市一般廃棄物最終処分場

年の瀬、一般車両続々 31日ピーク

 年の瀬を迎え、各家庭や事業所が年末の大掃除に追われる中、石垣市クリーンセンターや一般廃棄物最終処分場では28日から市民によるごみの搬入量が急増。通常より受け入れ時間を1時間延長し、午後5時まで受け入れに対応している。大みそかの31日がピークとみられる。

 天候が回復した28日は、両施設とも順番を待つ車が列をつくり混雑。クリーンセンターには1日で267台分(74㌧)、最終処分場には293台分(48・5㌧)のごみが次々と搬入された。

 クリーンセンターの委託業者は「例年31日は表の道路まで列ができるほど混む。それ以外は午後3時ごろから多く搬入される」。最終処分場の委託業者は「仕事納めも終わり、朝から通常の3倍くらい搬入されている」と話した。

 市のごみ収集は、粗大ごみを除き31日まで通常通り行う。受け入れは午後5時まで。年始のごみ収集は4日から再開される。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム