八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

独特な作品がズラリ やきもの祭りきょうまで

第4回やきもの祭りで各工房の独特な作品を熱心に見入る参観者=27日午後、石垣市民会館中ホール

第4回やきもの祭りで各工房の独特な作品を熱心に見入る参観者=27日午後、石垣市民会館中ホール

17工房が一堂に 初日は600人が参観

 郡内の窯元の中から17工房が一堂に会し、作品を展示販売する石垣島第4回やきもの祭り(同実行委員会主催)が27日から、石垣市民会館中ホールで開幕した。初日は600人を超える市民が会場を訪れ、各工房の特色あふれる作品を手に取るなどして品定めをしていた。最終日の28日は午前10時から午後5時まで開かれる。

 今回は実行委が郡内の焼き物業者に声をかけ、竹富町から2工房、与那国町から1工房が初参加するなど、例年に比べ出展数も充実。

 実行委の掘井太朗会長は「年末の平日開催となったが、多くの参観者があり、ホッとした。八重山の窯元が集まる機会はなかなかない。島を活気づけるため、あすも多くの人に足を運んでほしい」と呼びかけた。

 各業者から集めた福袋ならぬ「チャンプルーボックス」が今年も人気で、5000円と3000円の2種類のボックス計24箱が午後3時までに完売。事前予約が必要な陶芸体験コーナーも好評で、職人が回すろくろに見入ったり、皿作りを体験した。

 初参加のアトリエ五香屋(竹富島)の水野景敬さん(48)は「毎年足を運んでいるが、見るより出展する方が楽しい。小鉢や茶わん、ヨーロッパ調のマグカップを出品した。地元の人に見てもらいたい」と述べた。ビームパリ窯(西表島)の嘉陽恵美子さん(48)は「やきもの祭りは互いに刺激を受け、勉強になる」と話した。

 山口陶工房(与那国島)の山口和昇さん(65)は「このイベントは素晴らしい。離島から焼き物の風を吹かせることができれば」と語った。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム