八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「通院助成を手厚く」 こども医療費

こども医療費助成制度の拡充を求め、竹富町の取り組みを説明する川満栄長町長=26日午前、県庁

こども医療費助成制度の拡充を求め、竹富町の取り組みを説明する川満栄長町長=26日午前、県庁

川満町長ら県制度の拡充要請

 【那覇】県町村会副会長の川満栄長竹富町長は26日午前、会長の城間俊安南風原町長らとともに県庁を訪ね、こども医療費助成制度の拡充を要請した。

 同制度は、県や市町村が独自で実施。県の制度は通院が「3歳まで」、入院が「中学卒業まで」をそれぞれ対象としており、要請では、通院対象を「中学卒業まで」に引き上げるよう求めた。

 川満町長は、通院・入院に伴う渡航費の全額助成など竹富町独自で拡充した制度の内容やそれによって生まれたUターンやIターンの効果を説明し、「(県が対象を引き上げれば)人口の維持と増加にもつながり、県全体の発展にもなる」と述べ、県側の取り組みを要望した。

 要請に対応した崎山八郎福祉保健部長は理解を示した。

 一方、県内町村では制度の対象が自治体ごとに異なっており、助成内容に格差が生じている。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム