八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

桃林寺ですす払い 花園会員ら50人が汗流す

本殿の1年のほこりを落とす小林住職=27日午前、桃林寺

本殿の1年のほこりを落とす小林住職=27日午前、桃林寺

 石垣市石垣にある臨済宗妙心寺派南海山桃林寺(小林昌道住職)で27日午前、年に1度の「すす払い」が行われ、桃林寺の関係者や花園会(嵩本安意会長)の会員ら約50人が本殿や境内の今年の汚れを落とした。

 小林住職は「1年分の汚れがたまっていたが、人間のホコリも落ちたと思う。これで年末年始の準備に本格的に入れる」と話し、掃除に汗を流した。

 花園会の嵩本会長は「汚れを落として寺を清め、気持ちよく新年を迎えたい」と話した。

 桃林寺は来年、石垣での開山から400年を迎え、これを記念して11月8日から2日間、400年大祭記念事業が行われる。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム