八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

飲酒運転は絶対だめ! 交安協らがクリスマス作戦

交通安全クリスマス作戦で自転車走行の新ルールと飲酒運転防止を呼びかける団体のメンバーら=25日午後、市内真栄里のスーパー

交通安全クリスマス作戦で自転車走行の新ルールと飲酒運転防止を呼びかける団体のメンバーら=25日午後、市内真栄里のスーパー

 飲酒運転の防止と自転車の走行ルールを呼びかけようと、交通安全クリスマス作戦(主催・石垣市交通安全推進協議会、八重山地区交通安全協会、八重山警察署)が25日午後、市内真栄里の大型スーパーで実施された。

 この日は、関係する機関、団体から約15人が参加。自転車安全利用5則と飲酒運転の防止を呼びかけるチラシ100枚を用意。また、クリスマスプレゼント用のお菓子の詰め合わせ300袋も準備し、買い物客に配布。

 チラシを受け取った市内に住む女性(19)は「自転車ルールの一部改正は知っていた。しっかりとした運転ルールとマナーを守りたい」と話した。

 同地区交通安全協会の野原裕佳会長は「自転車の2人乗りや走行中の携帯電話の使用は検挙される。自転車のルールを徹底してほしい」と願い、与那覇長次交通課長は「二日酔い運転が多発しているのが現状。翌朝の事を考えて適度な飲酒を心がけてほしい。自転車は道路の左端を走るのが新しい原則」と呼びかけた。

 八重山署によると、今年1月から12月24日までの人身事故件数は暫定値で115件(昨年比43件減)、うち飲酒が絡んだ事故が3件(同1件減)、検挙件数は81件(同14件増)となっている。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム