八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

飲酒運転の怖さ体感 自動車学校

飲酒運転体験講習会で酒を飲んだ後、教習コースで車を運転をする参加者ら=24日夜、八重山自動車学校

飲酒運転体験講習会で酒を飲んだ後、教習コースで車を運転をする参加者ら=24日夜、八重山自動車学校

男女10人がトライ

 年末年始の交通安全県民運動に伴う飲酒運転体験講習会が(市交通安全推進協議会、地区交通安全協会など4団体共催)が24日夕、八重山自動車学校で開かれ、約10人の男女が教習コースで実際に飲酒運転の危険性を体感した。

 参加者は、同校職員から県内の飲酒運転の検挙状況やアルコールに関する話を聞きながら約1時間、ビールや泡盛を飲んだ後、車を運転し、スラロームや交差点、S字カーブ、クランクなどのコースを実際に運転した。

 飲酒後、呼気から0.47㍉㌘のアルコールが検出された兼久勝太さん(30)は「飲む前は問題なかったが、S字などで判断が遅れ、ハンドルを切り返したりした。考えているよりも1—2秒遅れていると感じた。距離感もずれていて、びっくりした。飲酒運転の怖さを身に染みて感じた」と感想を述べた。

 参加者全員から0.15-88㍉㌘のアルコールが検出され、同校の後浜幸成副校長は「一時不停止や接触があった。注意力が散漫になり、反応が遅れていた」と総括した。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム