八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「NBAも夢じゃない」 バスケ教室に子どもたち50人

バスケットボール教室でドリブルの指導を受ける子どもたち=21日午後、大原中学校体育館

バスケットボール教室でドリブルの指導を受ける子どもたち=21日午後、大原中学校体育館

西表島の小学生を指導した伊佐樹里氏=21日午後、大原中学校体育館

元JALラビッツ伊佐樹里氏がコーチ

 【大原】女子バスケットボール日本リーグの新潟アルビレックスBBラビッツの前身JALラビッツで活躍した伊佐樹里氏が指導するバスケットボール教室が21日午後、大原中学校体育館で開かれ、島内の小中学生約50人が参加した。那覇市のNPO法人アジアクラブの主催。

 伊佐氏は「自分の思うようにボールが動かせるようになれば、ドリブル技術も上がる」とアドバイスし、ドリブルやレイアップシュート、ジャンプシュートなどの練習方法やこつを教えた。

 教室に参加した船浦中バスケットボール部主将の小室いずみさん(2年)は「トップクラスの人に教えてもらい、普段できないことを学んだ。初めてやったストレッチなどを練習に取り入れたい。ハンドリングなどはバスケに必要なものなので毎日やりたい。明日からの試合も緊張しているけど、自分たちの力を出したい」と語った。

 初めて西表島に来たという伊佐氏は「8月にこの話をもらったときから楽しみにしていた。バスケを通してコミュニケーションを図り、バスケを楽しいと思ってもらえれば」と話していた。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム