八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カンムリワシの事故多発 過去最多に迫る勢い

国指定の特別天然記念物カンムリワシの幼鳥

国指定の特別天然記念物カンムリワシの幼鳥

 石垣自然保護官事務所は20日午後、17日と19日にカンムリワシの交通事故が相次いで発生したと発表した。カンムリワシの輪禍は今年すでに16件発生。過去最多だった2010年の17件に迫る勢いだ。

 カンムリワシの交通事故は17日に西表島干立の県道で発生。右の翼が骨折した幼鳥が発見され、動物病院で治療しており、西表野生生物保護センターでは状況を見て、野生復帰させる考え。19日には石垣市真栄里ダム付近の県道で死んだ個体が確認された。

 石垣自然保護官事務所によると、森林地帯や水田ではカンムリワシが多数出没し、路上で採餌している場合もあり、12—3月期は特に幼鳥が独り立ちを迎えるシーズンのため、事故が多発傾向にあるという。

 環境省では「万一、カンムリワシを車ではねても故意でない限り、罪に問われることはない。今後の対策を考える上で重要な情報となるため、事故当事者は通報してほしい」と呼びかけている。

 連絡先は石垣自然保護官事務所(82—4768)、西表野生生物保護センター(85—5581)。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム