八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「飲酒運転の根絶を」 年末年始交安運動出発式

年末年始交通安全県民運動と年末年始総合警戒の出発式。「ぱいーぐる」や関係機関・団体の代表が参加して事故防止へ協力を呼びかけた=20日夕、八重山署

年末年始交通安全県民運動と年末年始総合警戒の出発式。「ぱいーぐる」や関係機関・団体の代表が参加して事故防止へ協力を呼びかけた=20日夕、八重山署

 「醒めたはず その思い込みに 魔が潜む」をスローガンに、年末年始の交通安全県民運動(21日~1月4日)と年末年始総合警戒運動(20日~1月4日)の出発式が20日夕、八重山署で関係機関・団体の代表約100人が参加して行われた。

 県民運動の重点は飲酒運転の根絶、子ども

や高齢者の交通事故防止など。

 式では、石垣市交通安全推進協議会会長の中山義隆市長が「年の瀬を控え、交通量も増加し、飲酒絡みの事故も発生している。運動を通じ、市民に交通事故の悲惨さと交通マナーの順守を呼びかけていこう」とあいさつ。

 同署の小禄重信署長は「地域住民が年末年始を安全安心して迎えられるよう、交通違反取り締まりや犯罪抑止へ各種施策を進めていきたい」と協力を呼びかけた。

 式では、新空港マスコットの「ぱいーぐる」が「飲酒運転はしない」「思いやりある運転を」と決意表明を行った。

 八重山署管内の飲酒運転検挙件数は19日現在77件発生、11月25日現在の53件から24件増加している。同じく逮捕者も10人上回り、37件と増えている。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム