八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カンムリワシ幼鳥すくすく すでに王者の風格

水田のあぜで獲物のカニに飛びかかるカンムリワシ=27日午後3時ごろ、名蔵獅子森地区

水田のあぜで獲物のカニに飛びかかるカンムリワシ=27日午後3時ごろ、名蔵獅子森地区

 今年の夏ごろ巣立ったと思われるカンムリワシの幼鳥たちが島内各地で元気に育っている。

 27日午後3時ごろ名蔵獅子森地区の水田でも、カンムリワシの幼鳥がたくましく育った姿をみせている。

 この時季のカンムリワシの幼鳥は、大きさは親鳥と変わらないまでに成長しているが、羽の色は幼鳥特有の美しい乳白色をしている。

 幼鳥は育ち盛りの旺盛な食欲を満たすため、活発に水田地帯を移動し、カエルやカマキリ、カニなどを捕まえていた。

 白っぽいカンムリワシの幼鳥は目立つようで、レンタカーを止めては写真に収める観光客もいたが、全く気にする様子もない姿は、すでに「王者カンムリワシ」の風格だ。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム