八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

高齢者住宅「八重の杜」着工 来年9月に完成予定

サービス付き高齢者向け住宅「八重の杜」完成予定図

サービス付き高齢者向け住宅「八重の杜」完成予定図

 医療法人緑の会 国の補助事業導入 専門家常駐し生活ケア

 サービス付き高齢者向け住宅「八重の杜」(医療法人緑の会・大島常功理事長)の起工式が22日夕、旧石垣空港南東側の用地(真栄里530番地1)で行われた。式には大島理事長や工事関係者などが出席し、工事の安全を祈願した。同施設は看護師や介護福祉士など専門家が日中、施設内に常駐し、入居者の生活のケアをすることで、高齢者が安心して住むことができるのが特徴。市内で初めて国土交通省の補助事業を導入し整備する。

 同事業は、高齢者の居住の安定を確保することを目的として、バリアフリー構造住宅など、介護・医療と連携し高齢者を支援するサービスを提供する事業。看護師や介護福祉士などのケアの専門家が日中に常駐し、安否確認や生活相談といったサービスを提供する。

 常駐していない時間は、各居住部分に必要に応じて通報する装置を設置し、状況を把握する。

 入居対象は60歳以上の高齢者または要介護、要支援認定者と、県などが認めた同居者。

 建物は鉄筋コンクリート造の4階建て。延べ床面積3079・80平方㍍。部屋数32戸、デイサービス併設や多目的ホール、浴室、厨房(ちゅうぼう)などを完備。総事業費は5億1500万円で2014年9月に完成し、10月に入居開始予定。

 安全祈願では、大島理事長ら工事関係者3人がクワ入れを行い、無事故を祈願した。

 この後、直会で大島理事長は「団塊の世代など、介護を必要とする高齢者が増えてきているが、施設が足りない状況になってきている。入所者が住宅に復帰できるようサポートしていくためにも、太陽の里などの老健施設と連携することで、サービスをさらに向上させたい」とあいさつした。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム